薬剤師の転職について

薬剤師の転職について記事一覧

長く続く不況のため、なかなか就職したくても出来ない方が増えています。その中で何かしらの資格を取得していると、転職先の幅が広がります。特に薬剤師の資格を取得していると、選択肢が豊富にあり、就職難の昨今でも多くの求人があります。薬剤師というと、その名の通り薬剤を扱う専門家ということになり、まさに薬の調合や配薬などをおこないます。そのため、一般的に薬剤師の転職先としては、病院やクリニックなどがあります。...

よく「薬剤師の給料は高い」という話を耳にします。何を持って高い、安いという基準とするのかはその人それぞれですが、同い年のサラリーマンに比べると平均年収はやはり薬剤師の方が高いようです。また、同じ医療関係に属する看護師と比べても基本給だけを見ればやはり薬剤師の方が高くなっています。看護師によっては夜勤や残業、その他の手当で高給になる事はありますが、一般的には薬剤師の方が高い給与をもらうケースが多いよ...

薬剤師の仕事は楽で給料も高い、という噂は最近いろいろなところで言われています。実際、どんな仕事でも楽な仕事はありませんので、何を持って楽と感じるかはその人それぞれの感覚となります。ですが、やはり残業や夜勤が多い仕事をしている方に比べれば、薬剤師は夜勤などもほとんどありませんので、そういった意味では楽かもしれません。また、給与もサラリーマンに比べれば平均年収が高めです。そして需要も多く給与が高く設定...

薬剤師が転職する場合、その地域によって給与や条件面での格差があるので注意しましょう。一般的な物価で言えば、都会の方が物価も高く、地方に行けば物価が低くなるため、給与も都会の方が高くなりがちです。では、薬剤師も東京や大阪などの大都市の方が給与は高いのか、というとそういうわけではありません。かといって地方の方が必ずしも給与が高いという事も言えません。この都道府県によって違ってくるのです。給与で見れば、...

薬剤師の割合としては、女性が約7割に上ります。一般的に男性ならば朝から晩まで勤務しても何ら問題がありません。そして夜勤でも土日祝日に勤務となっても構わないという方が多いのではないでしょうか。ですが7割にも上る女性薬剤師の場合は、そうはいかない事も多いのです。独身女性であれば、その時はいいかもしれませんが、結婚をすれば家庭に入らなければいけず働ける時間は限られてしまう事もあります。ましてや子供を産ん...

タイミングによっては求人が多い時期もあれば、それほど多くない時期もあります。より好条件の転職先を探す、自分に合った転職先を探すためには、数多くの求人をチェックすることが大切です。そのため、できれば転職しやすい時期を見極めて転職を考えるといいでしょう。転職しやすい時期、求人が多い時期というと、やはり病院やクリニック、ドラッグストアなどの薬剤師の働き口で薬剤師が不足してしまう時期です。ではいつ薬剤師が...