地域による格差はある?

地域による格差はある?

 

薬剤師が転職する場合、その地域によって給与や条件面での格差があるので注意しましょう。

 

一般的な物価で言えば、都会の方が物価も高く、地方に行けば物価が低くなるため、給与も都会の方が高くなりがちです。

 

では、薬剤師も東京や大阪などの大都市の方が給与は高いのか、というとそういうわけではありません。かといって地方の方が必ずしも給与が高いという事も言えません。この都道府県によって違ってくるのです。

 

給与で見れば、47都道府県で最も給与が高いのが宮崎県で年収が約650万円です。その一方で最も低いのが徳島県で約480万円となります。実に170万円以上の年収の差があるのです。月に換算すれば15万円ほど違う事になるのです。

 

ちなみに東京都は550万円で、物価が高い割には給与はそれほど高いわけではないのです。この違いはいろいろありますが、ひとつには薬剤師の数が関係してくるようです。

 

そして、求人の内容を見ても、ドラッグストアの求人が多いところもあれば、病院やクリニックの求人が多い地域もあります。また、その地域によって物価は違うので、たとえ同じ給与でも生活水準は変わってくることもあります。

 

薬剤師として他の都道府県に引っ越しをするため転職をするという方は、その地域の状況もしっかり把握しなければいけません。また、同じ条件で転職しようと思っても地域によってはそれもままならないこともあるので、その場合には条件を下げることも検討しなければいけないでしょう。

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師は幅広い転職先がある?
薬剤師は幅広い転職先があります。
薬剤師は給与が高い?
薬剤師は給与について解説します。
これからは転職が困難になる?
これから薬剤師は転職が困難になるかもしれません。
特殊な条件での転職も可能?
薬剤師の特殊な条件での転職について説明します。
転職しやすい時期はあるの?
薬剤師の転職しやすい時期について説明します。