特殊な条件での転職も可能?

特殊な条件での転職も可能?

 

薬剤師の割合としては、女性が約7割に上ります。

 

一般的に男性ならば朝から晩まで勤務しても何ら問題がありません。

 

そして夜勤でも土日祝日に勤務となっても構わないという方が多いのではないでしょうか。ですが7割にも上る女性薬剤師の場合は、そうはいかない事も多いのです。

 

独身女性であれば、その時はいいかもしれませんが、結婚をすれば家庭に入らなければいけず働ける時間は限られてしまう事もあります。

 

ましてや子供を産んで育児もしなければいけないとなると、長時間労働も出来なくなる方も多いのではないでしょうか。

 

そのため、午前中だけ、もしくは午後だけ、時には午前10時から午後2時くらいまでしか働けない、という方もいるのではないでしょうか。

 

そのため、薬剤師として働くのは難しいと思い、薬剤師とは無関係のパートやアルバイトで短時間労働をおこなうかたもいるのです。

 

ですが、薬剤師の場合、働き口が多種多様ありますので、前述のような特殊な条件での転職もできる可能性があります。

 

就職難の近年、そういった特殊な条件ではなかなか正社員としての採用はないものですが、人材不足となっている薬剤師であれば可能な場合も多いのです。

 

とはいっても求人情報をチェックしただけでは、その特殊な条件での求人はないケースが多いです。そんな場合には直接求人先に交渉してみると、意外とそれでも採用される可能性があるのです。

 

もし、自分でそういった求人を探す、交渉するという事ができないという方は、転職支援会社のコンサルタントにサポートしてもらうといいでしょう。

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師は幅広い転職先がある?
薬剤師は幅広い転職先があります。
薬剤師は給与が高い?
薬剤師は給与について解説します。
これからは転職が困難になる?
これから薬剤師は転職が困難になるかもしれません。
地域による格差はある?
薬剤師求人の地域格差いついて説明します。
転職しやすい時期はあるの?
薬剤師の転職しやすい時期について説明します。