薬剤師の転職理由

薬剤師の転職理由記事一覧

薬剤師の転職理由としてあるのが、給与が少ないということです。薬剤師というと、傍から見れば高収入と言われている業種です。もちろん間違いとも言い切れません。実際、同じ年代での薬剤師の平均給与と一般的なサラリーマンの平均年収を比較すると、数十万円〜数百万円ほど薬剤師の方が高いのです。ただ、あくまでこれは平均であり、コレよりもはるかに高い給与をもらっている薬剤師もいれば、サラリーマンの平均年収よりも低い年...

薬剤師の転職理由としては休みが少ない、休みが取れないということもあります。一般的なサラリーマンであれば、土日祝日は必ず休みで、お盆休み、ゴールデンウィーク、年末年始など長期連休も可能です。そのため遠くに旅行に出かけたりすることもできます。薬剤師の勤務先はさまざまあり、サラリーマン同様に休みがあるところもありますが、休みが非常に少ない職場もあります。病院に勤務する薬剤師であれば、入院設備があれば土日...

薬剤師の仕事内容というと、病院や調剤薬局で薬剤の調合を行う、というイメージが強いです。ですが実際薬剤師の仕事はいろいろなタイプがあり、基本的には薬を扱う事には違いなく、一定以上の知識は必要になるものの、職場によってはまるっきり仕事内容が異なります。例えば、病院勤務の薬剤師なら、人前に出ることはあまり無く、医師の指示に従って調薬をおこないます。ですが、医師や看護師とのトラブルも少なくありません。調剤...

薬剤師は人間関係のトラブルで転職したいと思う方が少なくありません。どんな職場に勤務していても人間関係のトラブルはあるものですが、サラリーマンであれば、あくまで同じ仕事をしている方、上司や同僚とのトラブルがほとんどです。薬剤師も同様の上司や同僚とのトラブルもありますが、それ以外にも人間関係がいろいろあるものです。病院に勤務する薬剤師であれば、医師や看護師など他の職種の方とのトラブルも絶えません。それ...

職場には何の不満もないのにやむを得ず転職しなければいけないというケースもあります。それが引っ越しです。「そうそう引っ越しするものではない」と思うかもしれませんが、薬剤師の場合は実は引っ越しによる転職も少なくないのです。それは、薬剤師の男女比にあります。薬剤師は男性が約3割、女性が約7割になります。女性は結婚により旦那さんの家に嫁ぐことにより引っ越しをしなければならず、引っ越し先によっては今の職場か...

女性薬剤師の転職理由としては、女性ならではの理由、出産や育児があります。いくら自分に合っている職場だったとしても、出産となれば仕事を辞めざるを得ませんし、育児があればそれまで通りの勤務形態では働けないという方も出てくるものです。最近では男性が育児を行うという方も増えており、これは女性だけではなく男性もあり得ることです。もちろん、職場によってはしっかりと産前産後休暇や育児休暇をしっかり取れるところも...