仕事が自分に向かない

仕事が自分に向かない

 

薬剤師の仕事内容というと、病院や調剤薬局で薬剤の調合を行う、というイメージが強いです。

 

ですが実際薬剤師の仕事はいろいろなタイプがあり、基本的には薬を扱う事には違いなく、一定以上の知識は必要になるものの、職場によってはまるっきり仕事内容が異なります。

 

例えば、病院勤務の薬剤師なら、人前に出ることはあまり無く、医師の指示に従って調薬をおこないます。ですが、医師や看護師とのトラブルも少なくありません。

 

調剤薬局は医師や看護師と関わる事は少ないですが、患者さんと接する事がほとんどで薬の説明なども事細かくおこない、質問にも的確に答える必要があります。

 

ドラッグストアなどは、お客様に市販薬の説明、推奨をおこなう他に、数百種類にも上る市販薬について勉強する必要があります。その他にも商品の陳列、時には医薬品ではない日用品のレジ打ちまでおこなうこともあります。

 

このように、職場によってまるっきり違いますので、やはり自分に向かないものもあるでしょう。転職したものの、思っていたのとは違うという薬剤師も少なくありません。

 

薬剤師の転職先は多種多様ですから、自分には向かないと思ったからといって薬剤師をやめてしまうのではなく、薬剤師として違うジャンルの職場を探してみるといいでしょう。

 

また、その際にはその転職先の内情、ジャンルの特徴などをよく把握してから転職しないと、同じように「こんなはずじゃなかった」ということにもなりかねませんので注意しましょう。

 

おすすめ情報

関連ページ

給与が少ない
薬剤師の転職理由「給与が少ない」について説明します。
休みが少ない
薬剤師の転職理由「休みが少ない」について説明します。
人間関係のトラブル
薬剤師の転職理由「人間関係のトラブル」について説明します。
引っ越し
薬剤師の転職理由「引っ越し」について説明します。
出産・育児
薬剤師の転職理由「出産・育児」について説明します。