休みが少ない

休みが少ない

 

薬剤師の転職理由としては休みが少ない、休みが取れないということもあります。

 

一般的なサラリーマンであれば、土日祝日は必ず休みで、お盆休み、ゴールデンウィーク、年末年始など長期連休も可能です。そのため遠くに旅行に出かけたりすることもできます。

 

薬剤師の勤務先はさまざまあり、サラリーマン同様に休みがあるところもありますが、休みが非常に少ない職場もあります。病院に勤務する薬剤師であれば、入院設備があれば土日祝日も関係なく調薬、配薬を行わなければいけませんので休みはシフト制になります。

 

調剤薬局も同様です。ドラッグストアなどはほとんどが365日年中無休ですから、土日祝日、お盆も正月もなく勤務することになります。

 

もちろん薬剤師が多く勤務している職場では、シフトを変わってもらうなどして長期休みを取ることも可能かもしれませんが、薬剤師が少ない職場になればなるほど負担が大きく、休みもなかなか取れない状況なのです。

 

こういった休みが取れない、休みが少ないといった悩みを抱える薬剤師は、同じような職場に転職をしてしまえば、多少の差はあるものの結局は同じ悩みを抱えることになります。薬剤師の働き口は多種多様ありますから、自分の休みたいタイミングに合わせて休みが取れるような職場を探してみるといいでしょう。

 

例えば、土日確実に休みたいというのであれば、入院設備のないクリニックの薬剤師や調剤薬局、もしくは製薬メーカーなどもいいでしょう。土日祝日、平日問わず休みが欲しいという方はドラッグストアを探してみましょう。

 

おすすめ情報

関連ページ

給与が少ない
薬剤師の転職理由「給与が少ない」について説明します。
仕事が自分に向かない
薬剤師の転職理由「仕事が自分に向かない」について説明します。
人間関係のトラブル
薬剤師の転職理由「人間関係のトラブル」について説明します。
引っ越し
薬剤師の転職理由「引っ越し」について説明します。
出産・育児
薬剤師の転職理由「出産・育児」について説明します。