出産・育児

出産・育児

 

女性薬剤師の転職理由としては、女性ならではの理由、出産や育児があります。

 

いくら自分に合っている職場だったとしても、出産となれば仕事を辞めざるを得ませんし、育児があればそれまで通りの勤務形態では働けないという方も出てくるものです。最近では男性が育児を行うという方も増えており、これは女性だけではなく男性もあり得ることです。

 

もちろん、職場によってはしっかりと産前産後休暇や育児休暇をしっかり取れるところもあります。ですが、医療は日進月歩進化していくものですから、数年間現場から離れてしまうと、すぐに今までと同じように仕事ができるとは限らないので、辞めてしまう方もいるのです。

 

また、今は出産予定がなくても、結婚したので近い将来出産や育児をおこなう可能性があるという方もいるでしょう。それなのに、今勤めている職場で産休や育休が取れない環境だと、その前にしっかり産休や育休がとれるところに転職を考える方もいます。

 

また、逆に出産や育児で退職し一度現場を離れて、落ち着いたので現場復帰を考える方もいるでしょう。

 

出産や育児で転職を考えている方は、産休・育休の有無はもちろんですが、現場復帰の際のサポートがあるかどうか、院内保育所があるか、もしくは勤務先の近くに保育所等があるのかなど地域の情報もしっかりチェックする事が大切です。

 

また、薬剤師のコメントでは職場では産休が取れるとは言うものの、実際に取ると嫌な顔をされたという話も耳にします。そのため実際に安心して産休・育休が取れる職場であるかどうかも重要なポイントです。

 

おすすめ情報

関連ページ

給与が少ない
薬剤師の転職理由「給与が少ない」について説明します。
休みが少ない
薬剤師の転職理由「休みが少ない」について説明します。
仕事が自分に向かない
薬剤師の転職理由「仕事が自分に向かない」について説明します。
人間関係のトラブル
薬剤師の転職理由「人間関係のトラブル」について説明します。
引っ越し
薬剤師の転職理由「引っ越し」について説明します。