給与が少ない

給与が少ない

 

薬剤師の転職理由としてあるのが、給与が少ないということです。

 

薬剤師というと、傍から見れば高収入と言われている業種です。

 

もちろん間違いとも言い切れません。実際、同じ年代での薬剤師の平均給与と一般的なサラリーマンの平均年収を比較すると、数十万円〜数百万円ほど薬剤師の方が高いのです。

 

ただ、あくまでこれは平均であり、コレよりもはるかに高い給与をもらっている薬剤師もいれば、サラリーマンの平均年収よりも低い年収の職場で働いている薬剤師もいます。

 

薬剤師になるには4年間、今は6年間大学の薬学部で勉強しなければいけませんので、大卒のサラリーマンと比べてしまうと、決して高い給与とは言えないのです。

 

一般的には給与は高めの薬剤師ですが、やはり仕事内容はそれ相応のハードなものが多いのです。病院の薬剤師として勤務していれば、注射の薬剤を調合したり、重病患者に点滴や配薬も行わなければいけません。

 

種類や量を間違えたりすると命に関わることもあり、そういった精神的なリスクも考えると、高い給与とも言い切れないのです。

 

不景気の昨今、就職を有利にできる資格として薬剤師の資格を取得する方が増えてきました。そのため、以前は不足していた薬剤師も飽和状態になりつつあると言われています。

 

そのため給与も以前のようにあまり経験が豊富ではない薬剤師でさえ高収入を得られた時代ではなくなってきています。そのため給与アップを目的で転職するのは非常に難しくなってきていますので、安易に転職を考えないようにすることも重要です。

 

 

 

おすすめ情報

関連ページ

休みが少ない
薬剤師の転職理由「休みが少ない」について説明します。
仕事が自分に向かない
薬剤師の転職理由「仕事が自分に向かない」について説明します。
人間関係のトラブル
薬剤師の転職理由「人間関係のトラブル」について説明します。
引っ越し
薬剤師の転職理由「引っ越し」について説明します。
出産・育児
薬剤師の転職理由「出産・育児」について説明します。