薬剤師は主にどの位の年収が狙える?

薬剤師は主にどの位の年収が狙える?転職に見るお給料事情

 

薬剤師として転職するときに気になるのがやはり年収がどのくらいになるかということでしょう。

 

転職すると大抵は年収が少なくなると言いますし、7割になればいいほうだとも言います。

 

では実際に薬剤師として転職する場合、どのくらいの年収がもらえるのか見てみましょう。

 

薬剤師の平均年収は510万円

 

薬剤師の年収を見てみると、平均的には510万円、月収では35〜36万円、ボーナスなどで79万円となっています。

 

厚生労働省によると薬剤医師の数は平成22年末の時点で27万6517人、内男性が10万8068人、女性が16万8449人となっています。

 

女性のほうが多い職業ですが、年収が最も高いのは大企業の製薬会社に所属する薬剤師で平均年収が500万円となっています。

 

ですが中には年収800万円を超える薬剤師もいますので、その差は非常に大きいと言えるでしょう。

 

さらに年代別に見ると30代前半で480〜490万円、30代後半で600〜610万円、40代で680万円となっています。

 

勤務年数により年収は変わり、転職したばかりですと年収は非常に低くなると言えるでしょう。

 

実際に転職した場合の年収

 

実は薬剤師の年収は勤務年数が長ければ長いほど比例して高くなるということが分かっています。

 

では転職すればまた年収は低くなるのかと言うと、年齢や経験、スキルを考慮されることが多いので必ずしもがくっと年収が低くなる、と言うことはありません。

 

ほとんどの企業では資格手当てが支給されますので、薬剤師としての支給を受けることが出来るでしょう。

 

さらに管理薬剤師や認定薬剤師などの資格を取得すれば年収は上がりますから、転職後の年収を心配することはないでしょう。

 

実際に薬剤師の求人を見てみると確かに年収450〜500万円という求人が多く見られるのですが、中には800万円という求人もあります。

 

ある大手薬剤師求人サイトでは、年収600万円以上可能な求人がおよそ7500件寄せられており、薬局やドラッグストアを中心に、MRや治験コーディネーターなどの仕事がそろっています。

 

もしもあなたが薬剤師として転職し、今以上の年収を望むのであれば、薬剤師に特化した求人・転職支援サイトに登録し、キャリアコンサルタントに相談してみると良いでしょう。

 

数ある求人の中からあなたの条件にぴったりの求人を探し出してくれますし、また内定後も給与面の交渉などを代行してくれます。

 

自分では中々見つけづらい年収アップの転職求人ですが、経験と知識が豊富なキャリアコンサルタントなら任せて安心なのです。

 

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師転職サイトで相談にのってくれる人はどんな人?
薬剤師の転職サイトに申し込むと、自分の希望に沿った職場を探してくれたり、面接のサポート・その他の調整など無料で援助してくれます。多岐にわたり、希望の職場になるべく就職サポートをしてくれるサポートも薬剤師専門転職サイトの魅力です。薬剤師の求人・就職サイトで相談にのってくれる転職エージェントについて詳しくご紹介しています。
ハローワークより求人・転職支援サイトを活用した方が良い理由
転職や就職を考える際に求人雑誌やハローワーク・インターネットの求人サイトなど幾つかの方法があります。薬剤師さんでは一般的にハローワークが多いですが、最近はインターネットの薬剤師専門の転職サイトを利用する方が増えています。なぜ薬剤師専門の転職支援サイトを利用する人が増えているのでしょうか?そのメリットについてご紹介しています。
キャリアコンサルタントに相談する中で特に多い内容は?
薬剤師専門の転職サイトには、就職に関する相談から職場探し・採用率を高めるための援助をしてくれるキャリアコンサルタントがいます。転職に関するプロですので、登録した方のほとんどは相談をしますが一体どのような相談内容が多いと思いますか?ここではキャリアコンサルタントに相談する薬剤師さんの相談内容についてまとめています。
良く聞く転職支援金って何?どういう仕組み?
薬剤師の転職サイトの中には、就職が決まったら転職支援金を支給してくれる会社もあります。薬剤師であれば無料登録して転職サポートもお金がかからない上に転職支援金をもらえるという太っ腹な会社もあるんです。では転職支援金とはどのような制度なのでしょうか?支援金の金額・もらえる人の条件・注意事項など薬剤師の転職支援金についてまとめ情報を掲載しています。
地元の就職にも薬剤師転職サイトを利用できる?
地元から離れて薬剤師として働いていたけど、実家に帰ったり地元で働きたいというIターンやUターン就職が現在増えているようです。では実際に就職先を地元に移して薬剤師として働きたい方が転職サイトを利用するにはどうしたらよいのでしょうか?ここで詳しくご紹介しています。