薬剤師関連コラム

薬剤師関連コラム記事一覧

現代の医療現代、超高齢化社会が進み、かかりつけの病院に通う年配の人達が増えています。難しい専門の知識と資格を持っている薬剤師は、重要な人材であり、その人達なしでは、患者さんにお薬を調剤して渡すことができないのです。その為、薬剤師の人手不足は病院でも調剤薬局でも問題になっているのが現状です。有効に活用できる資格取得した資格は、転職した時にも医療機関でとても役立ちます。例えば、結婚して今住んでいる住居...

薬剤師が働く職場はさまざま薬剤師が活躍している場はたくさんあります。調剤薬局やドラッグストア、製薬会社や病院など、それぞれのシーンで薬剤師は必要とされています。研究や調剤、治験など、職場によって活かされる知識もさまざまです。薬学部に通い、国家資格を取ったものの、実際には全く違う職種に就く若者も増えているようです。せっかくの国家資格も、これでは宝の持ち腐れとなってしまいますね。薬剤師不足の日本高齢化...

薬剤師の活躍の場薬剤師は国家資格であり高い専門知識を要する職業です。その資格を持つ人の活躍の場は医療関係者の中でも最も多いと言えます。病院や調剤薬局をはじめ、製薬会社、企業内クリニック、福祉施設、ドラッグストアなど広範囲にあります。それぞれ求められる知識や業務内容は異なり、勤務形態なども様々です。医薬分業が進み調剤薬局が増えていることや、地域医療などで必要とされるチーム医療など高齢化が進む中で薬剤...

薬剤師の職場薬剤を扱う人を薬剤師と言いますが、仕事内容によって、薬局薬剤、病院薬剤、MR薬剤などのように分けられます。ここでは詳しく記載しませんが、他にも公務員として、主として行政に関わる仕事もあり、職業選択という意味では、大変広範な選択肢を持つ資格とも言えます。各薬剤における、基本的な仕事内容と特徴は、概ね次にようになります。ご自分にあっている職場を選択する上での、参考になれば幸いです。薬局薬剤...

調剤薬局の薬剤師薬剤師と聞いて頭に浮かぶのは病院等の近場にある、真っ白な白衣に身を纏った調剤薬局の薬剤師の事かも知れません。もちろんその様な場所で、医師から出された処方箋を元にしますが何らかの記入漏れ等の不備があれば、医師に問い合わせをしてチェックを行う事も仕事の一つです。薬剤師は注意を怠ってはなりませんその際に、お薬手帳等から別の病気で服薬している薬と、飲み合わせの問題が発覚する可能性があります...

薬剤師の相場新卒で就職し、そのまま同じところで働いていると、自分の市場価値というものがわからなくなっていることがあります。薬剤師として、どれほどの市場価値があるか、ご自分でしっかりと把握していますか。市場価値は需要と供給によって変化するものです。首都圏と地方とでは、相場にもかなり差があります。それは、首都圏では働きたいと思っている方が多く、それほど条件を良くしなくても人材を確保することができるから...

常に進化している薬学以前よく処方されていた薬でも、その後副作用が発見されたり、もっと良い薬が開発されればあまり使われなくなってしまうことがよくあります。処方される薬はあまり変わらないもの、そういったイメージがありますが、病院やクリニックで処方される薬は常に変化しているのです。そのため、薬剤師として少しブランクがあると、自分は薬剤師としてしっかり働けるのだろうかと不安になる方もいます。もちろん、進化...

薬剤師という資格薬剤師という資格は、半永久的に仕事を続ける事ができます。ただ試験の合格率はあまり高い物ではないので、誰でも簡単に取得できる資格ではありません。専門性がとても高い仕事で活躍場所は多数存在しているので、自分の住んでいる所の近くでも職場を見つける事は出来るでしょう。また調剤薬局やドラッグストア等は以前よりも増えてきています。求人自体も随時行っているので、せっかく取得した資格は上手に活かし...

転職のキッカケとは?転職のきっかけになることとは何でしょうか?以前の職場の環境や対応が原因だったり、結婚や介護といった人生の変換点を迎えたことがきっかけだったりするかもしれません。原因はなんであれ、転職は人生において大きな出来事となるので、その後の事を考えた転職が重要になります。では、どのようなポイントに注意したらいいのでしょうか。自分に合う転職先とはまず注意しなければならないのは求人票に書いてあ...

薬剤師の転職での注意点薬剤師の転職で気をつけるべき点とはどのようなものでしょうか。まず注意しなければならないのは、収入です。求人には確かにある程度の金額が表示されていますが、基本的に過去の実績を考慮、といったように曖昧なものがほとんどです。では、それらの問題にどのように対処したら良いのでしょうか。転職の際の年収交渉収入を上げるために必要なのは、具体的な実績を証明し、それ相応の年収を要求することです...