常に研鑽をして有利な転職を

常に研鑽をして有利な転職を

 
常に進化している薬学

以前よく処方されていた薬でも、その後副作用が発見されたり、もっと良い薬が開発されればあまり使われなくなってしまうことがよくあります。
処方される薬はあまり変わらないもの、そういったイメージがありますが、病院やクリニックで処方される薬は常に変化しているのです。
そのため、薬剤師として少しブランクがあると、自分は薬剤師としてしっかり働けるのだろうかと不安になる方もいます。
もちろん、進化している薬学に対応するため、常に勉強は欠かせません。
ですが、異業種で働いていた場合、それができないこともあります。
そのような場合は、研修などが受けやすい求人を探してみてはどうでしょうか。
現在、ブランクのある人材の活用を促進しようと、研修施設を整えている企業もあります。

 

薬局によって扱う薬は違う

ブランクがなかったとしても、ある特定の科の薬の知識しかないという場合もあります。
調剤薬局などでよくあることですが、皮膚科の病院の横にある調剤薬局では皮膚科の薬ばかり調剤し、小児科の病院が横にあれば小児科の薬ばかり調剤していたということはよくあることです。

 

日々研鑽を

他の科の薬に疎くなってしまわないように、自分で研鑽をすることが大切なのではないでしょうか。
また、転職をした後、すぐに仕事ができるように採用薬品リストで薬品を覚える努力をすることも大切です。
薬剤師の資格をお持ちなら、採用薬品リストをすぐに暗記するくらいのことはできるはずです。

 

職場の即戦力に

転職先が決まったら、まず採用薬品リストをもらい出社前に暗記しておけば、働き始めてすぐに即戦力として認められることができます。
そうすれば、責任のある仕事も任されるようになります。
責任ある仕事で頑張ることで、次の転職で有利な条件で転職することも可能です。
自分自身が努力したことはきっと将来に役立ちます。
一生懸命にやったことは、きっと自分のプラスになるでしょう。
転職するために頑張るわけではありませんが、頑張れば頑張っただけの良い結果があるのです。

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師の資格を有効に
現代、超高齢化社会が進み、かかりつけの病院に通う年配の人達が増えています。
薬剤師の求人なら転職支援サイトで見つけよう
転職支援サイトでは、専門のキャリアコンサルタントがおり、応募する際などに電話でサポートしてくれます。
薬剤師の求人事情
資格を持って仕事に就いた後も、転職を希望する人は少なくありません。
自分にあっている薬剤師としての職場
薬剤を扱う人を薬剤師と言いますが、仕事内容によって、薬局薬剤、病院薬剤、MR薬剤などのように分けられます。
薬剤師と一口に言っても色々な仕事があります
薬剤師と聞いて頭に浮かぶのは病院等の近場にある、真っ白な白衣に身を纏った調剤薬局の薬剤師の事かも知れません。
薬剤師の転職情報も比較することが大切
新卒で就職し、そのまま同じところで働いていると、自分の市場価値というものがわからなくなっていることがあります。
取得した資格は上手に活かそう
薬剤師という資格は、半永久的に仕事を続ける事ができます。
転職先に求める制度
転職のきっかけになることとは何でしょうか?
薬剤師の転職と収入
薬剤師の転職で気をつけるべき点とはどのようなものでしょうか。