自分にあっている薬剤師としての職場

自分にあっている薬剤師としての職場

 
薬剤師の職場

薬剤を扱う人を薬剤師と言いますが、仕事内容によって、薬局薬剤、病院薬剤、MR薬剤などのように分けられます。
ここでは詳しく記載しませんが、他にも公務員として、主として行政に関わる仕事もあり、職業選択という意味では、大変広範な選択肢を持つ資格とも言えます。
各薬剤における、基本的な仕事内容と特徴は、概ね次にようになります。
ご自分にあっている職場を選択する上での、参考になれば幸いです。

 

薬局薬剤と病院薬剤の仕事

薬局薬剤の仕事というのは、患者さんに対して、処方せんの受付、調剤、投薬、薬歴の記録といった作業を行うことです。
毎日異なる処方や、異なる患者さんとの出会いがありますし、同じ処方でも患者さんによって異なる投薬内容になることもあり、細部においては、そのような変化が指摘される反面、全体としては、処方せんという与えられた指示に基づく同じ仕事の繰り返し、という指摘もあります。
病院薬剤の仕事というのは、薬局薬剤と同様の仕事になりますが、入院患者さんへの対応のため、夜勤やシフト勤務が避けられない、ということが一つの特徴と言えます。
比較的、繰り返し作業を得意とする方や、細かい変化に興味を持てる方、患者さんと接することが好きで、不規則な勤務時間が気にならない方には、最適な職場です。

 

MR薬剤の仕事

MR薬剤の仕事というのは、医師に自社の医薬品についての情報を提供する仕事になります。
職種としては、自社製品の販売促進を担う営業職になりますが、内容的には、薬剤の試験の内容や奏効率、副作用、国内外における使用状況、更には使用に適する具体的な患者像の想定などの、様々な情報を提供することであるため、技術職としての側面の方が強いとも言えます。
薬局や病院での説明会を行うこともあるため、最新の文献を読むなどの勉強も必要になります。
病気に対する薬の効果を追求し、自ら薬の処方に関わりたいという積極的な方には最適な職場です。

 

自分に最適な職場

何を喜びとし、何を生きがいとするかは、人それぞれで違いますが、仕事を選ぶ際、広範な選択肢がある資格を持っているということは、大変幸せなことです。
多くの求人の中から、自分に合った最適な職場を選んで、自らの能力を十分に発揮することができれば、これ以上の喜びはありません。
そのためにも、大いに自分を鼓舞して、是非、新たな快適な居場所を見つけて欲しいと思います。

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師の資格を有効に
現代、超高齢化社会が進み、かかりつけの病院に通う年配の人達が増えています。
薬剤師の求人なら転職支援サイトで見つけよう
転職支援サイトでは、専門のキャリアコンサルタントがおり、応募する際などに電話でサポートしてくれます。
薬剤師の求人事情
資格を持って仕事に就いた後も、転職を希望する人は少なくありません。
薬剤師と一口に言っても色々な仕事があります
薬剤師と聞いて頭に浮かぶのは病院等の近場にある、真っ白な白衣に身を纏った調剤薬局の薬剤師の事かも知れません。
薬剤師の転職情報も比較することが大切
新卒で就職し、そのまま同じところで働いていると、自分の市場価値というものがわからなくなっていることがあります。
常に研鑽をして有利な転職を
以前よく処方されていた薬でも、その後副作用が発見されたり、もっと良い薬が開発されればあまり使われなくなってしまうことがよくあります。
取得した資格は上手に活かそう
薬剤師という資格は、半永久的に仕事を続ける事ができます。
転職先に求める制度
転職のきっかけになることとは何でしょうか?
薬剤師の転職と収入
薬剤師の転職で気をつけるべき点とはどのようなものでしょうか。