薬剤師の転職と収入

薬剤師の転職と収入

 
薬剤師の転職での注意点

薬剤師の転職で気をつけるべき点とはどのようなものでしょうか。
まず注意しなければならないのは、収入です。
求人には確かにある程度の金額が表示されていますが、基本的に過去の実績を考慮、といったように曖昧なものがほとんどです。
では、それらの問題にどのように対処したら良いのでしょうか。

 

転職の際の年収交渉

収入を上げるために必要なのは、具体的な実績を証明し、それ相応の年収を要求することです。
ここで重要になるのは、あまり高い金額を提示したり、高圧的な態度に出ないことです。
高い金額が能力に見合わないと思われると自分の能力を過大評価している分析不足な人間という評価が下されますし、高圧的な態度はその後の人間関係にヒビを入れてしまいます。
もし不安であるならば、転職サイトなどで収入の金額交渉などを代理してもらったり、素直に以前の収入を伝えて採用側に考えてもらうというのも良いかもしれません。

 

薬局薬剤師の年収事情

収入の面でもう1つ気をつけなければならないのは昇給です。
製薬企業などであれば基本的に昇給はある程度は期待できますが、調剤薬局などになると少々厄介です。
何しろ薬局は最初の年収が高く、魅力的ではありますが、昇進をしても管理薬剤師が限界で昇給がそれ以上見込めない、あっても少ないといった状況が考えられます。
その分一度仕事から離れても復職が容易であったり、資格さえ持っていれば仕事に基本的に困らないという点もあることから安定性という魅力があると言えます。

 

薬局での収入アップ法

では、調剤薬局の薬剤師となると将来的に収入を増やすことは不可能なのでしょうか。
決してそういうわけではありません。
地方の中小薬局であれば難しいかもしれませんが、大手の全国展開している店舗となれば、エリアマネージャーなどといったランクがあるため、より多岐にわたる仕事に関わり、同時に収入をアップさせることが可能です。
もちろん、それによって転勤が多くなったりするといったデメリットも有りますが、収入を重視する上では必要になることといえるかもしれません。

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師の資格を有効に
現代、超高齢化社会が進み、かかりつけの病院に通う年配の人達が増えています。
薬剤師の求人なら転職支援サイトで見つけよう
転職支援サイトでは、専門のキャリアコンサルタントがおり、応募する際などに電話でサポートしてくれます。
薬剤師の求人事情
資格を持って仕事に就いた後も、転職を希望する人は少なくありません。
自分にあっている薬剤師としての職場
薬剤を扱う人を薬剤師と言いますが、仕事内容によって、薬局薬剤、病院薬剤、MR薬剤などのように分けられます。
薬剤師と一口に言っても色々な仕事があります
薬剤師と聞いて頭に浮かぶのは病院等の近場にある、真っ白な白衣に身を纏った調剤薬局の薬剤師の事かも知れません。
薬剤師の転職情報も比較することが大切
新卒で就職し、そのまま同じところで働いていると、自分の市場価値というものがわからなくなっていることがあります。
常に研鑽をして有利な転職を
以前よく処方されていた薬でも、その後副作用が発見されたり、もっと良い薬が開発されればあまり使われなくなってしまうことがよくあります。
取得した資格は上手に活かそう
薬剤師という資格は、半永久的に仕事を続ける事ができます。
転職先に求める制度
転職のきっかけになることとは何でしょうか?