薬剤師の転職情報も比較することが大切

薬剤師の転職情報も比較することが大切

 
薬剤師の相場

新卒で就職し、そのまま同じところで働いていると、自分の市場価値というものがわからなくなっていることがあります。
薬剤師として、どれほどの市場価値があるか、ご自分でしっかりと把握していますか。
市場価値は需要と供給によって変化するものです。
首都圏と地方とでは、相場にもかなり差があります。
それは、首都圏では働きたいと思っている方が多く、それほど条件を良くしなくても人材を確保することができるからです。
一方、地方では、どんなに求人をしても応募者が決定的に少なく、そのため相場が高くなっています。
このような傾向がありますが、それぞれの地方によって状況にはばらつきがあります。
ご自分が働いている地域の相場はどれくらいですか。

 

年収は交渉してアップできる時もある

相場がしっかり把握できていれば、もし相場より年収の低い求人を見つけた時、交渉をして年収をアップさせることもできます。
他の条件はとても良いのに、年収だけが少し低いのではないかと思われる時、交渉の余地があります。
求人を出したほうも提示した年収が低いことはわかっていますから、案外あっさりと年収をアップさせることができることも多いのです。

 

良い求人を見つけるためにも相場観は大切

もし、その地域の薬剤師の相場観がわかっていなければ、提示された年収が低くても交渉することができません。
そして、年収が高く良い条件の求人を見つけたとしても、もっと良い条件のところがあるかもしれないと判断してしまうかもしれません。
誰もが転職したくなるような絶好の条件であっても、それがわからなければスルーしてしまう可能性もあります。
そのようにもったいないことをしないためにも相場観が重要です。

 

転職支援サイトの活用する

自分で自分の市場価値を判断するということは、なかなか難しいものです。
そこで、転職支援サイトを活用するという方法があります。
薬剤師専門の転職支援サイトはいくつもありますから、そこの登録をしてコンサルタントに自分の市場価値を計ってもらうのです。
そうすれば、安い賃金で働くこともなければ、良い求人を見逃すこともありません。

 

 

おすすめ情報

関連ページ

薬剤師の資格を有効に
現代、超高齢化社会が進み、かかりつけの病院に通う年配の人達が増えています。
薬剤師の求人なら転職支援サイトで見つけよう
転職支援サイトでは、専門のキャリアコンサルタントがおり、応募する際などに電話でサポートしてくれます。
薬剤師の求人事情
資格を持って仕事に就いた後も、転職を希望する人は少なくありません。
自分にあっている薬剤師としての職場
薬剤を扱う人を薬剤師と言いますが、仕事内容によって、薬局薬剤、病院薬剤、MR薬剤などのように分けられます。
薬剤師と一口に言っても色々な仕事があります
薬剤師と聞いて頭に浮かぶのは病院等の近場にある、真っ白な白衣に身を纏った調剤薬局の薬剤師の事かも知れません。
常に研鑽をして有利な転職を
以前よく処方されていた薬でも、その後副作用が発見されたり、もっと良い薬が開発されればあまり使われなくなってしまうことがよくあります。
取得した資格は上手に活かそう
薬剤師という資格は、半永久的に仕事を続ける事ができます。
転職先に求める制度
転職のきっかけになることとは何でしょうか?
薬剤師の転職と収入
薬剤師の転職で気をつけるべき点とはどのようなものでしょうか。